ツーバイシックス

ツーバイシックスハウスメーカーランキング10!メリット・デメリットはなに?

更新日:

出典:ハスカーサ

近年は耐震性の高さを求められるようになり、ツーバイシックスの住宅の需要が増えています。

そのため、ツーバイシックを採用するハウスメーカーも、どんどん増えてきています。

ツーバイシックスとは、どのような構法なのでしょうか。

ツーバイシックスが人気のハウスメーカーやツーバイシックスの特徴など、知ってほしい情報を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ツーバイシックスハウスメーカーランキング10!

ツーバイシックスが人気のハウスメーカーのランクング10を、特徴なども含めて詳しくご紹介していきます。

1位 三井ホーム

出典:三井ホーム

主な住宅商品:RONDINO(ロンディーノ)、GLACELA(グラセナ)、CHOUCHOU(シュシュ)
坪単価:80~90万円

近年、構造体をツーバイシックス工法に標準化とし、質の高い建物作りを展開しているハウスメーカーです。

独自のプレミアム・モノコック構法」により、耐震性や耐火性、断熱性、気密性に優れた建物を提供しています。

自陣の揺れから建物を守るための技術、耐震付与耐震壁「VAX」を開発して、採用を進めています。

また、地震対策として「免震システム-M‐400」という免震装置も取り入れており、高い耐震性の建物へとみちびくことができます。

2位 セキスイハイム

出典:セキスイハイム

主な住宅商品:ツーバイシックス木の家、グランツーユー
坪単価:70万円から

ツーバイシックスの「グランツーユー」シリーズが主力となっており、より強化した構造体としました。

独自の耐震技術であるハイブリッド耐震「GAIASS(ガイアス)」を採用しており、揺れに強い強固建物としました。

通気性や断熱性、可湿、除湿、熱交換などの機能に富んでおり、室内の空気を洗浄する「空気工房」も搭載しています。

常に空気をクリーンにしており、花粉の侵入も押せます。室内の環境は健康へとみちびき、空間は美しく上品に仕上げるのが、セキスイハイムの大きな特徴です。

3位 住友不動産

出典:住友不動産

主な住宅商品:J・レジデンス、J・アーバン
坪単価:40~60万円

以前は札幌地域のみツーバイフォーを採用していましたが。2016年より全国でツーバイフォー商品がラインナップとなりました。

断熱性や気密性に優れたツーバイフォー工法の、外周壁をツーバイシックスとしています。

外壁周りに従来の約1.57倍の断熱材を充填しており、透湿や防水、遮熱シートが熱伝導率を低くしています。

超断熱性能と超遮熱性能を実現して、熱損失が少ない省エネ住宅へとみちびきます。

曲げ強度は約2.47倍の強度となり、圧縮強度は約1.57倍の強固な建物としました。

4位 一条工務店

出典:一条工務店

主な住宅商品:i-smart、i-cube
坪単価:40~70万円

一条工務店のツーバイシックスの断熱には外断熱が採用されており、内側の140㎜のグラスウール断熱に加えて外断熱の50㎜のポリスチレンフォームを採用しています。

ポリスチレンフォームは断熱性能が高いビーズポリスチレンフォームを使っており、グラスウールの1.5倍もの高い断熱性能を発揮します。

次世代省エネ基準と比べると、エアコンの消費を1/2~1/4にカットすることができるすごさです。

家のどこに居ても一定の室温で過ごすことができるので、ヒートショック防止へとみちびくことができます。

5位 北州ハウジング

出典:北洲ハウジング

主な住宅商品:Noah(ノア)、Alsace(アルサス)、Wale(ウェールズ)
坪単価:55~60万円

工法オープン化直後から寒い地域でツーバイフォー工法を手掛けており、長く住んでもらうことを考えてツーバイシックス工法を標準仕様で採用しています。

ツーバイシックスに詳しいので、基本のルールにのっとったリフォームプランの提案もしてくれます。

北州ハウジングのツーバイシックスは、優れた耐震性や耐火性、高断熱、高気密を発揮し、強度の面でも余裕ある強固な建物へとみちびきます。

床と壁、屋根が一体となったモノコック構造なので、かかる力をバランスよく受けて分散させることにより、地面へ力を逃して建物に負担を与えません。

6位 ハスカーサ

出典:ハスカーサ

主な住宅商品:超高断熱ツーバイシックス工法
坪単価:55~75万円

ハスカーサのツーバイシックス工法は、サム時期でも快適に暮らせる超高断熱の建物です。

暖かさや断熱にこだわることにより断熱性能が向上することで、健康に関する症状やアレルギーを改善へとみちびきます。

室内の温度差を小さくすることができるので、ヒートショックの緩和へとみちびきます。

グローバルなデザインも人気があり、モダンな住まいを提供してくれます。

7位 コスモ建設

出典:コスモ建設

主な住宅商品:ローコスト(C-Zest)シリーズ)
坪単価:45~60万円くらい

北海道のハウスメーカーであり、北海道の気孔に似た北米で生まれたツーバイシックス工法を採用しています。

断熱性や耐久性に優れた建物歳、地震や台風に強い建物つくりへとみちびきます。

強固な「モノコック構造」を採用しており、6面体の建物全体で揺れをキャッチするので、かかった力をバランスよく分散することにより、強い耐震性を発揮します。

木造住宅初の「耐火構造認定」を取得しており、ファイヤーストップ構造により延焼を食い止めます。

8位 イワクラホーム

出典:イワクラホーム

主な住宅商品:smi-you(住まいゆ)、SCENES(シーンズ)
坪単価:50万円から

北海道ンハウスメーカーであり、構造躯体にはカナダ林農協議会が厳しく管理しているカナダの森から輸入している木材を使っています。

壁や床、屋根からなる6面体構造を採用しており、ツーバイシックスを活かした外周耐力壁によって性能の高い住宅へとみちびきます。

積雪荷重の大きな北海道で、室内に大空間をつくることが可能な無落雪屋根を採用しています。

屋根にかかる荷重を外壁で支えることができるので、中間に支持壁を設ける必要がなく、オープンな空間作りとすることができます。

9位 GLホーム

出典:GLホーム

主な住宅商品:北米スタイル、フレンチスタイル、アーリーアメリカンスタイル
坪単価:40~80万円

GLホームは、リクシル住宅研究所に本部を置いている、フランチャイズシステムのハウスメーカーです。

輸入住宅の雰囲気満載で、スタイリッシュな住まい作りへとみちびいてくれます。

ツーバイシックスならではの耐震性や制震性、耐火性、高気密性・高断熱性、快適空気などへとみちびきます。

室内の立体的な空気の流れを作る「パッシブエコ」により、住まいに快適性を発揮します。

リクシル製品の美しい品質により、快適な住まいつくりへとみちびきます。

10位 ウィザースホーム

出典:ウィザースホーム

主な住宅商品:ソライエ・ゼロ、Limages(リモージュ)、La Vieunche(ラ・ヴィアンシュ)
坪単価:55万円から

高性能のツーバイシックス工法を採用しており、既設の影響を受けにくい超高断熱の快適な住まいつくりへとみちびいてくれます。

超高断熱仕様によりエネルギーのロスを抑えることができるので、省エネ効果をお幅に向上させることができます。

エネルギーの無駄をなくしながら、家族全員が心地よく暮らすことができる住まいを提案してくれます。

アルミ複合サッシと高断熱ガラスの採用により、エネルギーのロスを最大約40%も削減することができ、エネルギーの無駄を大幅に減らすことができます。

ツーバイシックスとは?

ツーバイシックスとは、2インチ×6インチの角材を構造体に使ったパネルで、躯体を構成させる工法です。

北米の伝統的な木造住宅の工法であり、ツーバイフォーと同じ枠組壁工法の一種です。

ツーバイフォーとの違い

ツーバイフォーとツーバイシックスの違いは、部材の大きさの違いです。

ツーバイフォーは2インチ×4インチの角材を使っており、ツーバイシックスは2インチ×6インチの角材を使っています。

ツーバイフォーは38㎜×89㎜の部材であり、ツーバイシックスは38㎜×140㎜となり、51㎜ツーバイシックスの方が部材の幅があります。

ツーバイシックスの方が部材の幅が広いので、鉛直方向の力に対する強さがツーバイフォーの約1.57倍、曲げ応力の強さは約2.47倍となります。

部材の幅が大きいので、壁の厚みがツーバイフォーの約1.5倍となります。

相場はどれぐらいなのか

ツーバイシックス工法の相場は、設備などのグレードにより大きく異なります。

40万円台から可能なハウスメーカーもあれば、坪80万円かかるハウスメーカーもあります。

そのため、40~80万円というのが相場といえます。

ツーバイフォーと比較した場合、使う木材の量は1.2~1.5倍となります。その分、価格に反映されると思うとわかり麻酔と思います。

ツーバイシックスのメリット!

ツーバシックスには、このようなメリットがあります。

耐震性が高い

構造体の断面積が大きいので、高い耐震性を発揮します。

地震の力が加わると面全体で力を受けて上手く分散させるので、揺れにくい状態とすることができます。そのため、優れた耐震性を発揮します。

高気密・高断熱

壁厚が厚くなる分断熱材も厚くなるので、断熱性や気密性が高くなります。

そのため、省エネ効果や防音対策などの付随効果を期待することができます。

省エネ効果の高い建物となるので、光熱費節約などの大きなメリットを生みます。

施工精度に差がでにくい

木造在来工法と比べると、施工精度の差が出にくいメリットがあります。

角材にパネルを裏打ちしてつくりあげるので、施工的には難しい技術はほとんど求められません。

そのため、均一な施工精度とすることができます。パネルは工場で作ってくるので、差が出にくい均一さを発揮します。

工期が短い

主要となるパネル部分は工場で作ってくるので、基礎が出来上がるとパネルを組み立てるだけで、内装工事と外装工事、備品工事だけで工事が完了します。

そのため、短い期間の工期となります。同じ規模の木造在来工法の住宅と比べると、1か月以上工期が短くなります。

ツーバイシックスのデメリットは?

ツーバイシックスのデメリットは、これらが挙げられます。

大きな開口部を作りにくい

ツーバイシックスは、間取りに制約ができてしまい自由度が低くなってしまいます。そのため、大きな開口部は取りにくくなってしまいます。

リフォームや増築が難しい

リフォームは、大規模じゃなければ可能です。しかし、大規模リフォームや増築は、構造的に難しくなってしまうことがあります。

将来的に大規模リフォームや増築をお考えの場合は、新築の際に業者に前もって伝えておくことで、後の大規模リフォームや増築工事ができるようにつくってもらうことが可能な場合もあります。

日本の風土にはあまり合っていない

ツーバイフォーは気密性が大変高いので、日本の高温多湿な気候には合っていないといわれています。

そのため、ツーバイシックス工法を行っている各ハウスメーカーでは、気密性の高さが建物に悪影響を与えないように換気や空調管理を装備している場合がほとんどです。

そのため、ツーバイシックス工法で建てる場合は、換気や空調管理がしっかりしているハウスメーカーにお願いするようにしましょう。

ツーバイシックスハウスメーカーを選ぶ際に注意したいこと

ツーバイシックス工法のハウスメーカーを選ぶ際は、これらのポイントに注意して選ぶようにしましょう。

ツーバイシックス工法の知識に長けている

ツーバイシックス工法は特殊な工法なので、知識に長けているハウスメーカーに依頼することがとても大事となります。

ツーバイシックス工法を長年行っていて、知識が十分にあるハウスメーカーにお願いしましょう。

耐震性や制震性に対して独自の技術を採用しているハウスメーカー

ツーバイシックス工法は、構造だけでも耐震性や制震性に富んでいます。

各ハウスメーカーでは、ツーバイシックスの構造だけではなく、さらに耐震性を高める構法や仕様を取り入れている企業も多くあります。

もっと耐震性や制震性が高くなり大地震の際にも安心となるので、そのようなハウスメーカーを検討することをオススメします。

口コミの評判がいいハウスメーカー

近年は、ネット上でハウスメーカーの口コミが多く挙がっています。

ツーバイシックス工法の評判が高いハウスメーカーは、信用してお任せ出来るハウスメーカーです。

ご利用した方の声は正直な感想なので、是非参考にしましょう。

まとめ:ツーバイシックスはこんな人におすすめ!

ツーバイシックスは、こんな方にオススメです。

・耐震性の高い住まいを作りたい
・短い工期で住まいを作りたい
・高気密・高断熱の住まいを作りたい

今の日本の住宅業界では、耐震性の高い住まいが求められています。

耐震性の高い住まいは、ツーバイシックスで手に入れることができます。

地震に耐えて永きに渡って住み続けることができる、建物じゃなくてはいけません。

鉄骨造の住宅も増えてきましたが、日本の風土の合った木造で建てたいのであればツーバイシックス工法がオススメです。

これからはツーバシックスがスタンダードになっていくので、注目すべき構造といえます。

スポンサーリンク

-ツーバイシックス

Copyright© House Laboratory , 2018 All Rights Reserved.