3階建て

3階建てが得意なハウスメーカーランキング10!気になる価格や坪単価は高い?

更新日:

出典:へーベルハウス|terra craft

住宅密集地では、敷地の狭さにより3階建て住宅の建設が増えてきています。

近年は技術力の向上により、住みやすい3階建て住宅が増えてきました。

3階建て住宅を住宅建設をお考えの方は、各ハウスメーカーの3階建て住宅建設の特徴やポイントを把握して検討してみませんか。

3階建て住宅のハウスメーカーランキングやポイントなど、知ってほしい情報を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

3階建てが得意なハウスメーカーおすすめランキング10!

3階建てが得意なハウスメーカーのオススメランキングを、ご紹介いたします。

1位 へーベルハウス

出典:ヘーベルハウス|METEO BLUE

主な住宅商品:METEO BLUE、terra craft、CUT&GABLE
坪単価:70~100万円

3階建てのパイオニアと呼ばれているヘーベルハウスは、3階建て住宅としてダントツの人気があります。

壁が少ない空間でも耐震性の高い丈夫な建物とする、システムラーメン構造を採用した頑丈な3階建て住宅です。

自由度が高く、立体構造を活かした光と風が差し込む快適な住空間を提案してくれます。

へーベルハウスならではの特徴である重量鉄骨造を採用することで、ロングライフ住宅を提案してくれます。

2位 三栄建築設計

出典:三栄建築設計|シュプール

主な住宅商品:シュプール
坪単価:40~60万円

20年以上狭小地の都市型3階建住宅の建設を行っており、3階建住宅のノウハウを豊富に把握しているハウスメーカーです。

狭小住宅の実績が豊富であり。変形や狭小地、制約を抱えている敷地での3階建受託建設に自信を持っています。

独自のサンファースト工法を採用しており、木造でも高い耐震性と耐久性を発揮します。

無料オプションが多く、吹き抜けやロフトなど細かい部分までこだわりを持っており、様々な工夫を施しています。

3位 積水ハウス

出典:積水ハウス|BIENA

主な住宅商品:BIENA、Gio-Tristage、M’axio
坪単価:65~100万円

積水ハウスは、良質な3階建てを提案してくれることで大変人気のハウスメーカーです。

βシステムという独自の工法により通し柱を使わずに建設ができるので、自由度の高い3階建てとすることができます。

60mの高層ビルと同じ耐震基準で設計されているので、3階建てでも高い耐震性を発揮します。

光と風の調和がとれた3階建てとなり、スローリビングを提唱しています。

狭小地の対応力が高いので、魅力ある自由な設計の3階建て住宅へとみちびきます。

4位 タマホーム

出典:タマホーム|NEW木望の家

主な住宅商品:NEW木望の家、
坪単価:40~80万円

タマホームは安さが魅力のハウスメーカーであり、3階建て住宅も低コストで建設ができる強みを持っています。

低コストでも使用は高基準であり、住宅設備やインテリアなどの基本性能は標準以上となります。

NEW木望の家は限られた狭い敷地や狭小地でも、縦の空間を最大限に有効活用した家づくりをすることができます。

住宅密集地でも、明るい日差しや風通しの良さを確保することができ、明るい3階建てへとみちびきます。

長期優良住宅対応商品により、高い耐久性を提供してくれます。

5位 リバティホーム

出典:リバティホーム

主な住宅商品:彩Aya、優You、誠Makoto
坪単価:40万円から

全棟自由設計の、木造注文3階建て住宅を提供しています。

耐震性や耐久性、断熱性に富んでおり、高品質でありながら適正価格の3階建て住宅とすることができます。

適正価格とするために、敷地条件や担当者により品質や価格が左右されることがないよう、施工の均一化とコスト管理を徹底的に行っています。

木造軸組み工法を採用しており、どんな敷地条件でもお客様の細かい要望に応えてくれます。

様々な条件や要望に応えた3階建て住宅を提供していますので、狭小でも自由で理想な住宅を手に入れることができます。

6位 住友林業

出典:住友林業|PROUDIO

主な住宅商品:PROUDIO、Forest-Maison Plus BF、
坪単価:60万円から

自由設計の3階建て住宅が可能であり、柔軟な設計力と対応力で理想の住まい造りへとみちびくことができます。

独自のビッグフレーム工法を採用しており、構法の構造の特性を最大限に活かすことが可能であり、快適な住空間造りができます。

耐震性や耐火性に富んでおり、万が一の大地震も想定した振動実験での耐震性能を検証しています。

様々な3階建てプランを用意しており、住友林業ならではのスタイリッシュなデザイン性を発揮してくれます。

7位 トヨタホーム

出典:トヨタホーム|エスパシオEF3

主な住宅商品:エスパシオEF3
坪単価:60~70万円

3階建てながら広い空間を実現でき、光や風を最大限に取り入れることができる住宅を手鏡してくれます。

トヨタホームならではの鉄骨構造を縦にも横にも入れることにより、大空間を実現してくれます。

暖かい「愛」を感じるデザインであり、家族のコミュニケーションを取りながら個々のプライバシーも尊重できる理想の3階建て住宅です。

各階を階段で完全分断するのではなく、吹き抜けを効率よく設けることにより、上下を緩やかにつなぐ住まい作りを大切にしています。

採光や通風にもこだわりを持っており、3階建てにありがちな暗さや風通しの悪さん?デメリットを克服しています。

8位 パナホーム

出典:パナホーム|Vieuno3E

主な住宅商品:Vieuno3E
坪単価:75~100万円

Vieuno3Eは、「上へ、上へ、ビューノ」をテーマとした、都市部向けの多階層住宅です。

多彩な屋根勾配に対応しており、建築基準法の厳しい制限をクリアしています。

家の外観は凹凸があってオシャレであり、3階建て住宅によくあるデザイン性の乏しさを克服しています。

狭小地への対応力が高く、同じ敷地の中で1番広く床面積を取れると好評です。

太陽光発電搭載でZEH対応可能であり、断熱性にも富んでいるので省エネ効果の高い住まいとなっています。

9位 セキスイハイム

出典:セキスイハイム|デシオ

主な住宅商品:デシオ
坪単価:67万円から

3階建てながら広い空間屋大きな開口、高い天井を実現する、心地よい住まい作りへとみちびいてくれます。

強じんなボックスラーメン構造を採用しており、ハイブリッド耐震構造「GAIASS(ガイアス)」により地震の衝撃より守ることが出来、耐震性が高いのも大きな魅力です。

ユニット1つでも十分な強さがあるので、筋違いや耐力壁は必要なく、開放感あふれる大空間作りも可能としました。

先進の医術と熟練の人材が集まった工場で丁寧に造られた構造体なので、安心です。

10位 ミサワホーム

出典:ミサワホーム|GENIUS

主な住宅商品:GENIUS(ジニアス)、GENIUS UD、URBAN MODEL 3
坪単価:80万円から

ミサワホームの3階建て住宅は、ミサワホームならでの木質系パネル工法を用いた住宅です。

ミサワ独自の中2階を造ったり、三沢のノウハウが存分に活かされた住宅となっています。

生活の中心となる2階のリビングには天井高2.7mとし、広く快適な空間としています。

3階建て住宅とは思えないほど、開放的な空間とすることができます。

新型の門型パネルを採用することにより、高い強度をキープしつつ広大な空間確保を実現します。

また、耐震木造住宅にも力を入れており、大地震にもしっかり対応できる住宅つくりも提供しています。

3階建ての価格、坪単価は高い?ローコストは無理?

3階建ての住宅はどのような価格帯となるのか、ピックアップしてご紹介していきます。

3階建て住宅は2階建て住宅よりも高くなる

3階建て住宅の建設価格は、2階建て住宅と比べると高くります。

おおよその価格の違いは、1.2~1.5倍ほどの価格の差が発生すると捉えておくと良いでしょう。

屋根裏まで有効活用する3階建て住宅の場合は、2階建て住宅の1.2倍程度の費用で建設することが可能となります。

立派な3階建て住宅としたい場合は、2階建て住宅の1.5倍はかかる計算となります。

3階建て住宅の坪単価の相場

3階建て住宅の坪単価の相場は、坪50~70万円くらいとなっています。

坪40万円台で請け負っているハウスメーカーもあれば、坪100万円以上の高級な3階建て住宅としているハウスメーカーもあります。

3階建て住宅はローコストで建てることが可能なのか

建物を建てる際に費用がかさんでしまう部分は、屋根と基礎です。そのため、平屋住宅は階層がある建物と比べると割高となってしまいます。

一方、3階建は基礎も屋根も小さいのですが、残念ながらローコストで建てることはできません。

その理由は、構造計算が必要になり、いくつかの法規制がかかってくることにあります。

構造計算の費用や地盤改良の費用、間取りの工夫などにより、目に見えにくい費用が多くかさんでしまいます。

そのため、建設費用を細かく節約しても、ローコストにすることは難しいといえます。

3階建ての評判。住み心地はどうなの?

3階建て住宅の、評判や住み心地はどのような感じなのでしょうか。メリットとデメリットにわけて、ご紹介いたします。

メリット

・見晴らしがよい

2階と3階からの見晴らしが良く、窓から見える景色が大きく違ってきます。

3階建て住宅の場合は2階がリビングなどのメインスペースとなるので、メインスペースからの見晴らしは最高です。

日当たりも良く風通しも良いので、快適な住まい空間とすることができます。

特に3階の窓から見える景色は遮るものがほとんどないので、そうそう以上に爽快です。

1階がメインスペースとなっている一般的な平屋や2階建て住宅よりも、心地よい住まいとすることができます。

・プライバシーを確保できる

3階建ては3つのフロアに分かれているので、プライバシーを確保することができます。

家族の気配を感じたくない場合は、別の階に行くことでプライバシー確保とすることができます。

・構造計算必須により信頼できる住まいになる

3階建て住宅は、確認申請の際に構造計算が必要となります。

様々な計算をされた上で建てられる建物なので、頑丈で強固な建物であるということになります。

この様な計算が必要なほど、3階建ての建物というのは慎重に建てないといけないという証拠となります。

・虫があまり多く入ってこない

メインスペースの階数が高くなることで、虫が入ってきにくい傾向があります。

高い位置まで虫は飛んできますが、1階に比べると2階や3階には行ってくる虫の数は格段に少なくなります。虫が少ないので、開放的に窓を開けることも可能となります。

デメリット

・耐震性が低い

建物が縦に長いので、どうしても揺れやすい建物となってしまいます。

ハウスメーカーよっては、様々な方法で3階建て住宅の耐震性を高くする努力をしている企業も多くあるので、そのようなハウスメーカーを選ぶと良いでしょう。

・各階への行き来が不便

階層が3つもあるので、各階への行き来はどうしても不便となってしまいます。

家事動線に無駄ができてしまったり、大型家電や家具の搬入が大変となってしまいます。

スキップフロアを設けたりエレベーターを設けたりなど、各ハウスメーカーでは様々な工夫を施しているので、気になる方は行き来への工夫に力を入れているハウスメーカーに目を向けてみると良いでしょう。

・省エネ効果が低い

3階建てで縦に長い建物なので、暖気が全て高い位置に行ってしまうことで省エネ効果が悪くなってしまいます。

冷暖房率が悪くなってしまい、コスト高となってしまいます。

各ハウスメーカーでは様々な冷暖房設備の工夫を施しているので、省エネ効果が気になる方は省エネに力を入れているハウスメーカーを選ぶと良いでしょう。

・デザインが単調

3階建ては縦に細長い建物となる場合が大半であり、デザインがどこか単調となってしまいます。

デザイン的に個性がない部分が気になる場合は、デザインに力を入れているハウスメーカーを選ぶと良いでしょう。

3階建て住宅を建てる場合の注意点

3階建て住宅を建てる際は、このような注意点を踏まえて検討するようにしましょう。

3階建て住宅の実績が多い業者に依頼する

3階建て住宅というのは特殊な住宅であり、通常の2階建て住宅とは異なる部分がたくさんあります。

そのため、3階建て住宅の建設実績がある業者に依頼することで、間違いのない3階建て住宅を手に入れることができます。

建設実績が豊富であれば、あらゆるアイデアや考えを提案してもらえるので、とても頼りになります。

構造により価格に大きな差が出る

3階建て住宅は耐震性などに工夫をしているハウスメーカーが多く、どの構造や後方で建てるかによって建築コストに大きな差が出ます。

予算に合わせた費用となりますが、少しでも地震に強い3階建て建物とするためには、鉄骨造がオススメとなります。

もちろん木造よりも鉄骨造の方がコスト高となってしまい、費用も高くなってしまいます。

希望する形態や間取りをハウスメーカーにしっかり伝えて、適した構造を検討するようにしましょう。

生活動線を良く考える

3階建て住宅ですので、生活動線が悪くなってしまいます。そのため、生活動線を意識した家づくりが非常に大事となります。

1番は炊事選択がスムーズにできる家づくりであり、行き来がスムーズで疲れない動線を計画するようにしましょう。

生活動線は毎日の生活の基本となるので、おろそかにしてしまうと住みにくい最悪な家となってしまいます。

3階建てだからこそ動線を細かい部分まで意識して考えて、住みやすい住まいつくりとしましょう。

ビルトインガレージを造る際の注意点

3階建て住宅によくあるビルトインガレージは、オススメできません。

ビルトインガレージを造る際は1階部分に作りますが、その分1階部分の大きな空白部分ができてしまうことで、耐震性の悪い3階建て住宅となってしまいます。

そのため、1階部分の構造を強固に造る業者が多く、その場合費用が多くかかってしまうことにより建設コストが大幅に増えてしまいます。耐震性のことを考えると、おすすめできません。

土地購入の際の検討

3階建て住宅を建てる場合は、土地選びに慎重にならないといけません。

2階建て住宅は3土地にかかる荷重が非常に強いので、強固な地盤にしなければいけません。

軟弱地盤の場合は地盤器量しないといけなく、多くの費用がかかってしまいます。

土地購入の際には、購入前に事前に地盤の調査をきちんと行って検討するようにしましょう。

建築依頼するハウスメーカーにお願いをして、事前にしっかり地盤調査してもらうと良いでしょう。

まとめ:3階建て住宅を建てる際は業者選び重要!

いかがでしたでしょうか。

理想の3階建て住宅をつくるためには、業者選びが最大のポイントとなります。

3階建て住宅が得意なハウスメーカーでも、得意とする分野は様々であり一長一短があります。

細かい部分までチェックして、自分に1番合うハウスメーカーを検討しましょう。

また、3階建て住宅は2階建て住宅や平屋住宅よりもつくり方が難しいので、細かいぶぶんまで検討してつくり進める必要性があります。

理想が詰まった3世帯住宅で、楽しい生活へとみちびきましょう。

スポンサーリンク

-3階建て

Copyright© House Laboratory , 2018 All Rights Reserved.